ナース転職

ナース求人・看護師転職サイトを利用しよう!

 

ナース(看護師)は今、大変いに求められる大切な人材です。

 

病院や関連施設では、ナースの人材確保に大変に苦労しているようです。実際、ナースの求人は非常に多くあります。

 

ハローワークやナースセンターなどで公開されているナース求人を探せば。多くを見つけるは容易です。しかし、好条件の求人や、人気がある現場や、勤務体系の求人は、すぐになくなってしまうのも事実です。

 

実は、それら、ハローワークやナースセンターには、公開されていないナース求人情報が多く存在します。それは、民間のナース求人サイト(看護師転職サイト)が、転職先と直接取引で保持しているナース求人情報です。

 

ナースの転職を希望通りに成功させるためには、ハローワーク・ナースセンターなどの公共機関と、民間のナース求人サイト(看護師転職サイト)を両方、うまく活用することが非常に大事です。

 

ナース求人サイト(看護師転職サイト)を利用するこのメリットは、次のようなものです。

未公開のナース求人情報を得ることが出来る!
待遇や条件などを専属のアドバイザーが代理で交渉してくれる!
実際の職場の雰囲気や内情を知ることが出来る
面接の設定や同行、アドバイスをしてくれる!
退職交渉や入職の調整をしてもらえる!
転職支援金が貰える!

※各ナース求人サイトによりサービス内容は変わります

 

未公開の転職情報を多くGETする為に、最低2〜3のナース求人サイトに登録して活用してください。

 

必ず利用したいナース求人サイト(看護師転職サイト)【厳選セレクト5】

転職に失敗しない為に、オススメの看護師転職サイトを厳選して紹介します。

ナースフル

転職・就職の専門家「リクルート」が運営
全国どこでも対応。どの地域の方でもOKです。登録すると看護師転職プロが専属アドバイザーとしてしっかりサポートしてくれます。一人で転職活動するよりはるかに効率的で良い転職先を見つけられます。働きながらの転職活動もラクラクです。
オススメ度:

 

 

 

ナースではたらこ

看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)!
業界最大級「約9万件以上の医療機関情報」の求人情報を抱えています。顧客満足度調査でも第1位(楽天リサーチ調べ:2014年4月・20代〜40代女性)に輝いています。 必ず活用したい転職サイトです。
オススメ度:

 

 

 

マイナビ看護師

就職・転職の専門企業「イナビが運営」!
大手の専門業が持つの独自の未公開求人が多数あり。好条件の求人情報がとても多いの魅力です。ただ、就職させることだけを考えているサービスとは違い、転職者本人の気持ちになったサービスを受けることができます。離職率の高い悪条件案件は紹介しません。
オススメ度:

 

 

 

ナース人材バンク

老舗看護師転職サービス!
年間10万人以上に利用されている全国規模でサービスを行っています。さらに、専任のアドバイザーは地域の情報に詳しい地域専属の人材を登用しているので、地域にマッチした転職活動ができます。年間10万人以上に利用されている全国規模でサービスを行っています。さらに、専任のアドバイザーは地域の情報に詳しい地域専属の人材を登用しているので、地域にマッチした転職活動ができます。
オススメ度:

 

 

 

ナースパワー

採用され易いと評判のナース転職サイト!
看護師紹介25年でNO.1級の実績。業界手数料を安く設定してるため、競合した場合は非常に採用されやすいのが自慢です。取引先(病院や医療機関)からの手数料を格安に設定しているこで、同業他社と競合した場合にナースパワーが選ばれ安くなるわけです。
オススメ度:

 

 

 

ナース転職(看護師転職)を成功させる為に・・・。

 

ナース転職(看護師転職)には看護師専用の転職エージェントが欠かせません。

 

特に初めての転職なら応募書類の添削、指導からみっちり鍛え直してくれる、きめ細やかなサポート体制のエージェントを頼りましょう。

 

このサイトは現在転職を考えている看護師さんの為に、今最も利用価値が高い看護師転職サイトをご紹介しています。

 

数あるナース転職サイト(看護師転職サイト)から最強の5社(上記)を厳選し、どこに利用価値があるのかご説明しています。

 

 

 

ナース(看護師)は専門職だけに狭い業界で働くことになります。転職で失敗してしまい職場での信頼を失ってしまうと、後々のキャリアにも響きかねません。

 

転職が成功するかどうかは、転職活動を始める前から関係しています。転職活動中、上司より先に同僚や先輩に仕事を辞めたいとうっかり本音を漏らしてしまい、具体的な転職先が決まる前から職場に居づらくなってしまうケースもよくある失敗例の1つです。

 

たとえ親しい仲間がいても、新しい職場探しは秘密裏に進めましょう。実際に新天地を探した結果、現在の職場の良さが分かり転職を辞めることだって考えられます。

 

また、いざ転職することが決まったら、出来る限り早く上司に伝えるのがマナーです。法律では1ヶ月前でもOKですが、引き継ぎなどもあるので1か月前では遅過ぎます。新しい職場が合わず、元の職場に戻るかも知れませんよね。

 

どんなに勤務条件、人間関係に不満があっても、惜しまれつつ辞めることができるよう、辞める時こそベストを尽くさなければなりません。円満退社にもコツがあります。

 

このサイトでは転職活動中から実践すべき根回しなど、今すぐ役立つ最強の転職ノウハウを伝授していますので是非ご一読下さい。

 

ナース転職の関連サイト

 
 
更新履歴