診療科目の違い

診療科目の違い

 

病院やクリニック、と一言で言っても、体調が悪い時にどこにでも行けば良い、という訳にはいきませんね。それぞれの施設の概要や、扱っている分野を把握し、自分の症状に合った所に行く、というのは利用する側のポイントでもあるでしょう。

 

極端な例としては、歯が痛い時には、眼科や皮膚科ではなく、歯科に行く事が望ましい、という事が挙げられますが、総合病院などの大きな病院に行ってみると、たくさんの科によって診察の部屋が分かれている事もあるでしょう。

 

医師にもそれぞれ専門の分野があり、病院やクリニックという施設では、これらの分野による違いもあります。ナースの求人情報では、このような診療科目の違いによって仕事を探していく方法もあり、診療科目によるカテゴリが設けられているところもありますので、併せて参考にしてみましょう。

 

診療科目には、たくさんの種類があります。名前を見ただけでは、何を扱っているのか、という部分がよくわからない時もあるかもしれませんね。例えば、内科や外科、小児科、精神科、皮膚科、眼科、歯科、婦人科、などがあり、近年では、花粉症に悩む人も増えてきましたが、アレルギー科という科目もあります。

 

また、心療内科や神経内科、呼吸器内科、整形外科、形成外科、のように内科や外科という言葉が付いている科目も複数あり、皮膚科にも、美容皮膚科という項目がありますので、それぞれの違いを把握するのも少し難しい部分があるかと思いますが、それぞれの様子や特徴を理解しながら、診療科目によって仕事を選ぶ、という事も検討の際に役立ててみましょう。

 

関連ページ

ナース求人の探し方
ナース求人の探し方について説明します。
ナース求人のサイト
ナース求人のサイトについて説明します。
勤務形態について
勤務形態について説明します。
勤務時間帯について
ナースの勤務の時間帯について説明します。
病院で働く
ナースが病院で働く場合について説明します。
クリニックで働く
ナースがクリニックで働く場合について説明します。
施設で働く
ナースが施設で働く場合について説明します。
訪問というスタイルで働く
ナースが訪問というスタイルで働く場合について説明します。
コールセンターで働く
ナースがコールセンターで働く場合について説明します。
ツアーナースとして働く
ナースがツアーナースとして働く場合について説明します。