キャリアアップを目指した

看護師転職でキャリアアップを目指したものの・・・

 

看護師転職で何が何でも成功したい、と燃えていても、現実には約3人に1人しか満足できる看護師転職を実現していないようです。

 

なぜ、満足することができなかったのか、敗因はケースバイケースですが、キャリアアップを目指している方は研修内容や回数だけで職場を選ばないよう注意しましょう。

 

新しいスキルを身につけたい、転職をきっかけにキャリアアップに繋げたい、と希望している場合、研修システムが整っている職場だと安心ですよね。

 

個人でセミナーに参加することもできますが、職場の研修システムが充実していればわざわざ休みを取ることもなく勤務中にスキルを磨くことが可能です。

 

ただ、教育熱心な職場は度々研修を行い、提出しなければならないレポート課題も多く、「学生時代よりもハード! 」と悲鳴を上げることに・・・。

 

何しろ、勉強だけに専念していればいい学生時代とは異なり、看護師さんが働きながらスキルアップを狙う場合、ハードなお仕事も同時進行でこなさなければなりません。

 

しばらく休みなんてなくてもいいから一回りもふた回りも看護師として成長したい、と望んでいる場合はともかく、度重なる研修にはご用心です。

 

また、看護師さんの教育熱心な職場ほど、現場も忙しく人員不足に陥っているケースが目立ちます。休暇にも出席しなければならない講習会が多く、ほとんど自分の自由になる休みが取れないこともあります。

 

どれぐらい仕事がハードなのか、研修は強制のものばかりなのか、細かい点まで確認しておかないと看護師転職後の理想と現実に悩まされるかもしれません。

 

 

関連ページ

看護師転職(ナース転職)で成功する確率
看護師転職で成功する確率は大体3分の1程度のようです。看護師転職の結果、「成功した」と喜ぶことができた人間は約3人に1人・・・。
スムーズに看護師転職できた裏事情
看護師転職でありがちな失敗の1つが、スムーズに転職できたと思ったら地獄のような人手不足だった・・・というパターンです。
以前の職場が激変していた転職悲劇
看護師転職の思わぬ落とし穴の1つが、以前働いていた職場に出戻り転職したら、職場環境が激変していた・・・というものです。
見学時のギャップにご用心
看護師転職で失敗してしまうパターンとして、「見学時のギャップがあまりにも大きかった」というものがあります。
転職しても変わらない場合
転職したのに結局満足度が変わらない場合も、看護師転職の思わぬ落とし穴にはまってしまったと言えそうです。