スムーズに看護師転職できた裏事情

スムーズに看護師転職できた裏事情

 

看護師転職の思わぬ落とし穴を事前に知ることで、「看護師転職、失敗だったな」と嘆かずに済むようにしましょう。

 

看護師転職でありがちな失敗の1つが、スムーズに転職できたと思ったら地獄のような人手不足だった・・・というパターンです。

 

基本的にどの医療機関でも深刻な看護師不足が続いている状況ですし、よほどのことがない限り一般企業のようにリストラしたくてもできない事情があります。

 

地域によっては看護師だけではなく、医師不足に喘ぎ病院自体の存続が危ぶまれるところもあります。

 

ただ、その中でも特に人手が足りない職場に転職してしまうと、休みも思うように取ることができませんし、毎日激務に追われて精神的にも肉体的にも疲労する日々を送ることになります。

 

しかも、看護師がどうして足りない状況にあるのかと言えば、原因の1つはそのハードな労働環境にあります。昼夜逆転の不規則な生活、労働時間は長時間に及ぶ上、配属される職場によっては精神的にもダメージが重くのしかかってきます。

 

過酷な労働条件に耐えられず、いくら給料が良くても転職、退職する人間が後を絶ちません。その結果、更に看護師不足問題が悪化すると言う悪循環に陥っているわけです。

 

当然、ハードな任務に耐えられない人が続出しているような職場に転職してしまうと、勤務直後から落ち着いた状況で仕事を引き継ぐ間もなく、慌ただしく走り回ることになります。

 

「ブランクがあるのにあまり言及されずにすんなり内定が決まったな」なんて場合には、ハードワークが待ち構えているかもしれません。

 

関連ページ

看護師転職(ナース転職)で成功する確率
看護師転職で成功する確率は大体3分の1程度のようです。看護師転職の結果、「成功した」と喜ぶことができた人間は約3人に1人・・・。
看護師転職でキャリアアップを目指したが・・・。
キャリアアップを目指している方は研修内容や回数だけで職場を選ばないよう注意しましょう。
以前の職場が激変していた転職悲劇
看護師転職の思わぬ落とし穴の1つが、以前働いていた職場に出戻り転職したら、職場環境が激変していた・・・というものです。
見学時のギャップにご用心
看護師転職で失敗してしまうパターンとして、「見学時のギャップがあまりにも大きかった」というものがあります。
転職しても変わらない場合
転職したのに結局満足度が変わらない場合も、看護師転職の思わぬ落とし穴にはまってしまったと言えそうです。