以前の職場が激変していた転職悲劇

以前の職場が激変していた転職悲劇

 

看護師転職の思わぬ落とし穴の1つが、以前働いていた職場に出戻り転職したら、職場環境が激変していた・・・というものです。

 

出戻り転職は看護師転職でも珍しいことではありません。特に妊娠、出産の為に一旦仕事を退き、子育てが一段落してから再び働き出す時、かつて働いていた医療機関を転職先として希望するケースはよくあります。

 

病院側も、特に問題がない場合、即戦力になりやすい出戻り看護師を大歓迎してくれます。

 

一度働いたことのある職場に出戻る場合、更衣室の場所から気難しいお局さんの存在、常連の患者さんのことなど内部事情を熟知していることが最大のメリットです。復帰してすぐにスムーズに働きやすく、その職場の長所も短所も分かった上で働くので「話が違う」と後悔することもあまりない筈です。

 

ただし、ブランクが長い場合、年月の経過で元の職場が激変している可能性は充分にあります。慕っていた先輩が退職していたり、面識のないニューフェイスが場を仕切っていたり、何かと「そんな筈では」とがっかりする場面に遭遇することも充分に考えられます。

 

また、新しく入った看護師に対し妙な先輩風を吹かして嫌われるケースも、よく見聞きします。

 

もし看護師転職で以前勤務したことのある職場に出戻る場合、新人と同じ謙虚な気持ちで周りにも頭を下げて受け入れて貰うことが大切です。

 

それにご自身の人脈を使い、大幅に変わった点はないかどうかも調べた上で応募しましょう。給与条件や休みの取りやすさなどが変わっている恐れもあります。

 

関連ページ

看護師転職(ナース転職)で成功する確率
看護師転職で成功する確率は大体3分の1程度のようです。看護師転職の結果、「成功した」と喜ぶことができた人間は約3人に1人・・・。
看護師転職でキャリアアップを目指したが・・・。
キャリアアップを目指している方は研修内容や回数だけで職場を選ばないよう注意しましょう。
スムーズに看護師転職できた裏事情
看護師転職でありがちな失敗の1つが、スムーズに転職できたと思ったら地獄のような人手不足だった・・・というパターンです。
見学時のギャップにご用心
看護師転職で失敗してしまうパターンとして、「見学時のギャップがあまりにも大きかった」というものがあります。
転職しても変わらない場合
転職したのに結局満足度が変わらない場合も、看護師転職の思わぬ落とし穴にはまってしまったと言えそうです。