看護師転職(ナース転職)で成功する確率

看護師転職で成功する確率

 

看護師転職で成功する確率は大体3分の1程度のようです。

 

看護師転職の結果、「成功した」と喜ぶことができた人間は約3人に1人・・・。つまり、3人に2人は失敗と思わざるを得ない結果に終わっているわけです。

 

「はっきり失敗とは言えないものの、成功とも言えない」なんて状況も、理想的な結果とは言えません。看護師転職を決意した以上、経験者の失敗例をよく踏まえ最高点をつけることができる新天地を見つける為にじっくり対策を練りましょう。

 

理不尽な人間関係に耐えかね、勢いで職場を辞めてしまうケースも少なくありませんが、やはりこのパターンは一番避けたいところです。特に看護師は医療業界と言う狭い業界で働くお仕事ですから、変な辞め方をしてしまったことが後々響いてくることもあります。

 

幸い、一昔前の転職事情とは異なり、今は転職エージェントを利用することができます。働きながら、給料が貰えないタイムラグなしにスムーズに新しい職場に移ることも可能です。

 

看護師さんは転職率も高く、再就職しやすい職業ですが、自分が望む条件の職場がすぐに見つかるとは限りません。

 

働きながら転職活動を進めるのは時間的制約も多く苦労することもありますが、収入が途絶えることはありませんから経済的に焦って次の職場を妥協して探さずに済みます。

 

一時的な感情に支配され辞表を叩きつけるのはぐっと我慢し、滞りなく引き継ぎを済ませご自身のキャリアを傷つけることなく前職を去りましょう。

 

関連ページ

看護師転職でキャリアアップを目指したが・・・。
キャリアアップを目指している方は研修内容や回数だけで職場を選ばないよう注意しましょう。
スムーズに看護師転職できた裏事情
看護師転職でありがちな失敗の1つが、スムーズに転職できたと思ったら地獄のような人手不足だった・・・というパターンです。
以前の職場が激変していた転職悲劇
看護師転職の思わぬ落とし穴の1つが、以前働いていた職場に出戻り転職したら、職場環境が激変していた・・・というものです。
見学時のギャップにご用心
看護師転職で失敗してしまうパターンとして、「見学時のギャップがあまりにも大きかった」というものがあります。
転職しても変わらない場合
転職したのに結局満足度が変わらない場合も、看護師転職の思わぬ落とし穴にはまってしまったと言えそうです。