使えない看護師転職エージェントは潔く切る

使えない看護師転職エージェントは潔く切る

 

看護師転職で失敗してしまうパターンの1つが、看護師転職支援サイト選びで間違ってしまったケースです。

 

看護師転職支援サイトは現在相当な数があります。お医者さんも含め、医療関係者は転職率が高いので、転職支援サイトの数も他の職業よりもたくさんあります。

 

当然、同じ支援サイトでもサービスの内容やエージェントのクオリティはピンキリです。ほとんどの支援会社は誠実な態度で応援してくれますが、ノルマ達成主義の会社は要注意です。

 

人手不足に喘ぐ提携先の医療機関に無理やり応募させるケース、登録者の希望条件をほとんど無視したようなマッチングを強引に行おうとするケースが珍しくありません。

 

長年高く評価されている支援サイトならそういった問題行為は心配ない筈ですが、会社自体は良心的でもうっかり点数稼ぎの自己中エージェントが担当者になってしまう可能性だって考えられます。

 

いずれにしても、エージェントの相性もありますし、合わないと感じたら無理をして付き合う必要はありません。複数の支援会社に登録することは違法ではありませんし、多くの転職活動者は2~3件の転職サイトに登録しています。

 

働きながら内緒で転職活動をしているのに、勤務時間帯にしょっちゅう電話連絡をしてくるエージェントも問題です。

 

無料でサポートして貰っていることに引け目を感じてクレームを言いにくく感じる方が大半ですが、転職はご自身の人生を左右する重要なターニングポイントです。

 

このサイト、エージェントは使えないと判断したら潔く切ることも大切です。

 

関連ページ

看護師転職前に自分の棚卸しを
看護師転職に成功した経験者が、具体的な転職活動前に行っているのがご自身の棚卸しです。
法律より常識優先で
看護師転職に成功した、と言っても前の職場を辞める時にかなり揉めてしまったら・・・後味が悪いですよね。
転職意思は同僚より上司が先
看護師転職成功者が実践している根回しの1つが、辞める予定の1~2ヶ月前に直属の上司に転職意思を伝えておくことです。
看護師転職の相談方法を間違えると・・・
看護師転職成功者が実際に行った根回しの1つが、周りに相談しないという実は重要な対策です。
看護師転職の強い意思
看護師転職成功の為の根回しとして、引き止められた時の返し文句はあらかじめ考えておきましょう。