看護師転職前に自分の棚卸しを

看護師転職前に自分の棚卸しを

 

看護師転職に成功した経験者が、具体的な転職活動前に行っているのがご自身の棚卸しです。

 

要するに、途中で気持ちがぐらつくことがないよう、自分がなぜ転職を決意したのか、考えをはっきりさせましょう。

 

「改めて考えるまでもない」とわざわざ自分の意思を再確認しない方も大勢いらっしゃいますが、価値観や希望を整理しておくことは予想以上に大切です。この部分を曖昧にしてしまった結果、看護師転職支援サイトに登録し担当エージェントとの面接も終わってから「やっぱり転職を辞めます」なんてドタバタ劇になることも。

 

例えば、人間関係に悩みどうしても苦手な上司がいたとします。その上司と一緒に働くのが苦痛で転職を決意したのに、転職先から内定を貰う段階になって問題の上司が転勤することが分かったら・・・。

 

また、その上司が「私が嫌な思いをさせたかしら」、「誤解されるようなことをしてしまったかしら」などと謝ってくるケースも考えられますよね。

 

あるいは、給与面で不満があり辞めることを伝えたら給料アップを提案されることもあります。自分が抱えている不満に対し、もし条件が変わるようなことになったらどう決断するのか、色々な可能性も考えた上で気持ちを固めなければなりません。

 

看護師転職成功体験をチェックしても、満足の行く結果を得ている方はこういったご自身の棚卸しをしっかり行っていることが分かります。

 

現在の職場の不満点、転職を決意した理由、転職先に求める絶対に譲れない条件等など、転職活動前に改めてはっきりさせておきましょう。

 

関連ページ

使えない看護師転職エージェントは潔く切る
看護師転職で失敗してしまうパターンの1つが、看護師転職支援サイト選びで間違ってしまったケースです。
法律より常識優先で
看護師転職に成功した、と言っても前の職場を辞める時にかなり揉めてしまったら・・・後味が悪いですよね。
転職意思は同僚より上司が先
看護師転職成功者が実践している根回しの1つが、辞める予定の1~2ヶ月前に直属の上司に転職意思を伝えておくことです。
看護師転職の相談方法を間違えると・・・
看護師転職成功者が実際に行った根回しの1つが、周りに相談しないという実は重要な対策です。
看護師転職の強い意思
看護師転職成功の為の根回しとして、引き止められた時の返し文句はあらかじめ考えておきましょう。