転職意思は同僚より上司が先

転職意思は同僚より上司が先

 

看護師転職の成功を左右するのが、辞める時の根回しです。

 

円満退社の秘訣を伝授してくれるような看護師転職サイトに登録しておけば辞め方で揉めるようなこともない筈ですが、根回し方法を間違ってしまうと大変なトラブルになる確率が高いので注意して下さい。

 

看護師転職成功者が実践している根回しの1つが、辞める予定の1~2ヶ月前に直属の上司に転職意思を伝えておくことです。

 

よく仲の良い同僚に先に辞める意思があることを伝えてしまい、上司から睨まれてしまう失敗例が報告されています。どんなに親しくても、不要なトラブルを防ぐ為に転職意思を伝える順番は間違えてはいけません。

 

看護師の直属の上司は通常看護師長が該当しますが、厄介なことに看護師長と関係が悪く「もうこの人の下では働くことができない」と転職を決意することも少なくありません。

 

ただ、いくら看護師長が気に食わなくても転職意思は看護師長に伝えるのが筋です。看護師長を抜かし、いきなり更に上のポジションの看護部長に話してしまうと、看護師長の面目が丸潰れになってしまいます。

 

看護師長のプライドを傷つける為に敢えて看護師長を飛び越えて看護部長に話を持っていく方もいらっしゃるようですが、客観的に見ると職場のマナーの違反と言うことであなたの評価が下がりかねません。

 

医療業界は狭く、いつ何時人間関係が重なり合うか分かりませんし、看護師長を務めるぐらいですから横繋がり、縦繋がりもある筈です。無駄に敵をこしらえること、反感を買うようなことは控え、謙虚な態度で円満退社を目指しましょう。

 

 

関連ページ

看護師転職前に自分の棚卸しを
看護師転職に成功した経験者が、具体的な転職活動前に行っているのがご自身の棚卸しです。
使えない看護師転職エージェントは潔く切る
看護師転職で失敗してしまうパターンの1つが、看護師転職支援サイト選びで間違ってしまったケースです。
法律より常識優先で
看護師転職に成功した、と言っても前の職場を辞める時にかなり揉めてしまったら・・・後味が悪いですよね。
看護師転職の相談方法を間違えると・・・
看護師転職成功者が実際に行った根回しの1つが、周りに相談しないという実は重要な対策です。
看護師転職の強い意思
看護師転職成功の為の根回しとして、引き止められた時の返し文句はあらかじめ考えておきましょう。